スパテック株式会社 長野県安曇野市三郷明盛3111-1 TEL.0263-77-8388

トップページ 温泉設備設計 温泉設備管理 温泉水質管理 温泉衛生管理 お問合せ
温泉ガス対策 スケール対策 浴室安全対策 テクニカルパートナー 会社案内

 

 

 

 

温泉の揚水量が下がったとき


施設の湯量の低下が見られる場合、配管洗浄をお薦めいたします。

埋設された温泉用パイプラインや、貯泉槽から施設までのパイプラインを洗浄します
流量が低下する原因に、配管内にスケールが付着し閉塞していることがあります。
内視鏡で確認する事ができますのでお問合せください。

※山梨県での埋設管スケール洗浄施工動画をご覧ください。
埋没管スケール洗浄@


埋没管スケール洗浄A 管内のスケールがなくなり、流量が目にみえて増加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉パイプラインの内視鏡検査

温泉パイプラインの内視鏡検査@

 

 温泉パイプラインの内視鏡検査A

温泉パイプラインの所々の排水口からカメラスコープを挿入します。

 

 

 

 

 

 

 

 モニター画像

モニター画像@

モニター画像A

 配管の勾配が緩やかな部分は、流れも遅くスケールが付きやすい場所です。
 右の画像は約12m先でカメラスコープが入らなくなり障害物に当りました。
 障害物の四角い破片はスケールのかけらが塞がった状態です。
 これらのスケールは泉質に合った洗浄剤を調合する事できれいに溶けます。

   
 

 

 

 

 

 

 

 温泉パイプラインの洗浄@ 準備

温泉パイプラインの洗浄準備@

 

 温泉パイプラインの洗浄準備A

中腹の中継タンクから山頂の貯湯タンク間のパイプラインに付着した
温泉スケールを洗浄しました。
温泉付き分譲別荘地であることからシーズンオフの冬季に施工しました。
洗浄力を増すために、中継タンクの冷鉱泉を仮設ボイラーで80℃に暖め、
洗浄剤の希釈に用いました。
(洗浄液は温めるほど洗浄力が急カーブで上昇します) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 温泉パイプラインの洗浄A 洗浄液の回収

温泉パイプラインの洗浄 洗浄液の回収@

 

 温泉パイプラインの洗浄 洗浄液の回収A

山頂の貯泉タンクにポンプアップされた洗浄液をトラックのタンクに回収しています。
洗浄液は持ち帰り中和処理をして廃液、
回収タンクに沈殿した大量の溶解物は産廃処理をしました。
※埋設管 65A ・ 距離 800m ・ 溶解スケール推定量 420kg(比重測定法)

   
 

 

 

 

 

 

 

温泉パイプラインの洗浄B 洗浄前と洗浄後

温泉パイプラインの洗浄 洗浄前と洗浄後@

 

 温泉パイプラインの洗浄 洗浄前と洗浄後A

左が洗浄前、右が洗浄後の写真です。(中継タンクのポンプ室の配管)
今回、ご予算の都合で従来の循環洗浄ではなく洗浄液の浸け置き式にて施工しました。
施主様は『70%の費用で80%の効果が出た』とおっしゃっていましたが、
エルボなどに付着した分厚いスケールは循環洗浄を行い、完全除去をお薦めします。
※残留スケールを足がかりにスケールの再付着速度が飛躍的に高まるためです。
費用対効果を考えると、次回の洗浄までの期間を延ばすため、完全除去をお薦めします。
また、スケール自体の生成を無くすためにスケール防止装置を取り付けるのが最善策と
言えます。                       
※スケール防止装置とは?

   
 

 

 

 

 

 

 

 温泉パイプラインの洗浄C 回収タンクの沈殿物

温泉パイプラインの洗浄 回収タンクの沈殿物@

 

 温泉パイプラインの洗浄 回収タンクの沈殿物A

 左:スケールから溶け出た酸化鉄とマンガン質が浮いています。
 右:スケールに付着していた温泉水中の砂が沈殿しています。 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る