スパテック株式会社 長野県安曇野市三郷明盛3111-1 TEL.0263-77-8388

トップページ 温泉設備設計 温泉設備管理 温泉水質管理 温泉衛生管理 お問合せ
温泉ガス対策 スケール対策 浴室安全対策 テクニカルパートナー 会社案内

 

温泉設備管理 設備管理費の削減は利益に大きく反映する!

 

 

 

 

日頃から設備の管理を必要とするのは何故でしょうか?
この目的を明確に定義付けてください。「壊れないようにするため」といった、
漠然とした概念では利益が生まれません。

 

1.お客様の事故を未然に防止して、危機管理の体制を築くこと
つまり、余計な弁償金を払わずに済ませることです。
ある日突然の事故で1,000万円の弁償が生じたとしましょう。
すると、それまで会社が一丸となって築き上げた2億5,000万円以上の売上が吹き飛んでしまいます。
(純利益の1,000万円を損失したのですから)  
また、仲間の事故を防ぐことも、回りの環境に配慮することも大切です。
例えば、東京の入浴施設の爆発事故のような事があれば立ち直れません。

 

2.設備管理とは “利益を上げること” そのものなのです
「なぜ裏方の自分に利益を上げることが出来るのだろうか?」とお考えでしょうが、さにあらず。
営業担当者よりもっと利益を上げることが出来る大切な部門なのです。
例えば、機械や部品の故障を未然に防いで100万円の出費を押さえたとしましょう。
それは営業担当者が2,500万円の売上を上げたことに匹敵します。
あるいは、掃除機が5年しか使えなかったものを10年に延ばしたとします。
それは売店の数ヶ月の売上より価値があります。これらの実績を集計して、
年間いくらのムダ金をなくしたか、表にあらわすと  その結果がはっきりと解ります。

 

3.利益の上がらない入浴施設の多くの原因に、外注費が高すぎることがあります
専門的だからと言ってメンテナンスを全てお任せしたのでは膨大な費用が掛かります。
実は、設備機器の修理で専門家でないと出来ない事は意外と少ないのです。
チョット学べば誰でも出来る事が沢山あります。
事実私どものお客さまで、年間コストを1,000万円以上削減できたところが続出しています。
例えば、埼玉県の大型施設では年間5,240万円を3,120万円まで下げました。
さらに2,500万円を目指して改善に取り組んでいます。
誰も知らないアイデアや工夫が大幅なコスト削減を現実のものとします。

このように、設備管理は施設の担当者にとってやりがいのある部門です。
会社もそこを良く理解して、共に取り組み正当な評価をするべきです。
任せっきりで、何かあれば責任を転嫁するようでは御社の危機管理体制は築けません。
積極的に取り組んでみましょう!!

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る