スパテック株式会社 長野県安曇野市三郷明盛3111-1 TEL.0263-77-8388

トップページ 温泉設備設計 温泉設備管理 温泉水質管理 温泉衛生管理 お問合せ
温泉ガス対策 スケール対策 浴室安全対策 テクニカルパートナー 会社案内

 

温泉水質管理 温泉貯水槽清掃作業 貯水槽 熱交換器 ボイラー

 

 

 

温泉貯水タンクの洗浄・修理

貯泉槽(貯水槽)の洗浄や修理を承ります。
温泉用タンクにはスケールが付き滞積します。スケールは、レジオネラ属菌などの“隠れ家”になりますので定期的な洗浄することをお奨めします。
※写真をクリックすると拡大します。

   

 

 ■ 貯泉タンクおよび送泉管洗浄

   

 

写真:塩化物泉の貯泉タンク(長野県白馬村)

 

写真:タンクの床と壁

 

塩化物泉の貯泉タンク(長野県白馬村)

 

タンクの床と壁(最厚スケール:67mm)

   

 

写真:スケール洗浄剤 KS-1000 をジョウロで散布

 

写真:分厚いスケールを剥ぎ取る

 

スケール洗浄剤 KS-1000 をジョウロで散布。厚いところは洗浄剤を何度か散布し、浸透して軟らかくなるのを待つ。

 

分厚いスケールを剥ぎ取る。

   

 

写真:KS-1000 で残ったスケールを溶かし、水洗いで仕上げる。

 

写真:浴槽への送泉口(管)のスケールに配管洗浄剤 スケルトル・F を注入して浴槽へ送る。

 

KS-1000 で残ったスケールを溶かし、水洗いで仕上げる。

 

浴槽への送泉口(管)のスケールに配管洗浄剤 スケルトル・F を注入して浴槽へ送る。

   

 

写真:浴槽に溶け出た送泉管のスケール。

 

写真:洗浄後(送泉口)

 

浴槽に溶け出た送泉管のスケール。

 

洗浄後(送泉口)

   

 

写真:洗浄前

 

写真:洗浄後

 

洗浄前

 

洗浄後

   

 

 ■ 貯水タンク修理

   

 

写真:内側から天井のひび割れ

 

写真:外部の天板が少し下がり、水溜りが出来ています。

 

内側から天井のひび割れが見えます。(FRP製)
さらに、劣化した表面から光が差し込んでいます。光が入ると、藻が発生する原因になります。

 

外部の天板が少し下がり、水溜りが出来ています。天板全体のカビを落し、よく水洗いをします。
(弊社の、低臭型Newカビクリーンをお使いください。きれいに落ちます。)

   

 

写真:内側のひび割れに硬質パテを入れます。

 

写真:外側のひび割れにも硬質パテを入れます。

 

内側のひび割れに硬質パテを入れます。

 

外側のひび割れにも硬質パテを入れます。

   

 

写真:ガラス繊維の補修シートを2重に接着します。

 

写真:ウレタン樹脂の塗料(防カビ剤入り)を下塗りします。

 

ガラス繊維の補修シートを2重に接着します。(2回)。材料はホームセンター等にございます。

 

ウレタン樹脂の塗料(防カビ剤入り)を下塗りします。

   

写真:反射性の良いアルミ系樹脂塗料を上塗りします。

 

写真:光が差し込まなくなりました。

 

反射性の良いアルミ系樹脂塗料を上塗りします。

 

光が差し込まなくなりました。

   

 

 

 

 

ページトップへ戻る